良い子供用学習椅子の選び方のコツ

小学生の子供用学習椅子選びで失敗しない!3つのコツを公開!

学習椅子

 

当サイトでは学習椅子を失敗しないの選び方として以下の3つを提唱しています。

 

  • 学習椅子は固定式の椅子の方が良い!
  • 良い姿勢を維持できる椅子を選ぶべし!
  • 快適に長い時間座ることができる椅子!

 

この3つについて詳しく解説していってみますので、
どの学習椅子を選べばいいか分からない!という方は参考にしてみてください。

 

子供の学習椅子

 

キャスター式はダメ!固定式の椅子がおすすめ。

 

おすすめ学習椅子固定式

子供用の場合、「固定式の椅子である」というのが一つのポイントです。
キャスター式の学習椅子を選んでしまうと、まだ落ち着きの無い子供の場合はすぐに集中力が切れてしまう可能性があります。

 

「うちの子は、落ち着きがあるよ!」という場合は、キャスター式を選んでも問題ないかと思いますが
大部分の子供、特に小学生の場合は固定式の椅子の方が適している場合が多いです。

 

学習椅子選びで、キャスター式か?固定式か?迷った場合は
固定式の学習椅子を選んでみると間違いはないでしょう。

 

 

しっかり良い姿勢を保てる椅子。

 

おすすめ姿勢矯正椅子

「良い姿勢」と「集中力」には深い関係がありますので、この要素も非常に大事です。
姿勢矯正効果があると言われている椅子をチョイスすると良いでしょう。

 

椅子に座って良い姿勢を維持できるようになると、勉強時の集中力がつくだけではなくて
やる気も出たり、椅子に座っていない時でもしっかり良い姿勢を維持できるようになります。

 

特に猫背気味の子供の場合、こうした姿勢矯正できる椅子は効果抜群です。

 

猫背や姿勢を治しながら、勉強などの集中力も身についていきますので
人生レベルで役に立つことばかりです。
逆にこうしたことを子供時代に治しておいておかないと大人になって、いらないアドバンテージを背負うことになりますので注意です。

 

 

快適に長い時間座ることができる椅子!

 

快適な学習椅子

特に受験勉強をする小学生の子供さんなど、長時間椅子に座ることが多い場合は、当然ながら長時間快適に座ることができる椅子であることも重要です。

 

ココで言う「快適さ」とは、ソファーに座るような快適さではありません。
ソファーのような快適さだと、すぐ眠くなって寝てしまいますので(笑)

 

学習椅子の快適さで大事なのは「お尻がムレてくる」など、不快にならない椅子と言ったほうがいいかもしれません。

 

これがあると、一気に集中できなくなってしまうので注意が必要です。
椅子とプラスして、なんらかのグッズを使えば快適性も上がることも多いので、
必要であれば、椅子使用時の快適性を上げるアイテムも一緒に買うと良いでしょう。

 

おすすめ学習椅子3つの選び方を基準にした「おすすめ学習椅子」を見る。


小さい子どもの学習椅子に足置き台は必要?

学習用椅子

 

結論から言うと、床にしっかり足がつかない場合は「足置き台」は必要です!
椅子の用途が「学習用に使う椅子」ということであれば、なおさらです。

 

 

なぜかというと、椅子に座った時に足がしっかり床についていると集中力に違いが出てくるからです。
足がしっかり床につくことによって、人間の体に安定感が生まれるので、精神が安定して勉強や作業をしているときも集中しやすくなります。

 

 

たとえば、ジェットコースターに乗ったときなどは、足がしっかり床についている状態と、足が浮いてしまっていた状態では
精神の安定性が全然違うといいますし、著者自身が試してみた結果、足が床についている状態の方がやや安心してジェットコースターに乗れました。
(著者は高所恐怖症なのでジェットコースターが苦手です^^;)

 

 

このような例からも、学習椅子に座って勉強などをしているときは
足がしっかり床につく必要があります。

 

椅子の座面の奥までしっかり深く座って、その状態で床から足が浮いている状態であれば、足置き台はあったほうが良いです。
こうした足置き台は楽天などで安く販売されていますので、大手ショッピングモールの中から好きな足置き台を選ぶと良いでしょう。

 

楽天子供の椅子置き 

学習椅子楽天で安い!学習椅子の足置き台一覧